神戸きもの学院 コース案内
着付けコースのご案内 着付けコース着物を自分で着てみたい
和裁コースのご案内 和裁コース美しい着物を仕立てたい
組紐コースのご案内 組紐コース伝統技術を気軽にマスター
小物作りコースのご案内 小物作りコース楽しく学べる小物作り
こども着付けコースのご案内 こども着付けコース日本の心を学ぶ
男子着付けコースのご案内 男子着付けコース浴衣から羽織袴まで…
神戸きもの学院 教室案内
阪神本校のご案内 阪神本校神戸市中央区三宮町
福岡本校のご案内 福岡本校福岡市中央区天神
高松本校のご案内 高松本校高松市亀井町
見学会参加受付
入学受付
学院について代表あいさつ、学院沿革などのご紹介
最新情報見学会、各種イベント開催のご案内など
イベント情報学院祭、着物パーティーの様子をご紹介
お問い合わせ・お申し込みお気軽にお問い合わせ下さい
トップ >>学院について

学院について

学院沿革

理事長 近影
故 理事長 幸尻 千代二
まだ「着付け教室」などない頃、戦後の日本にきものの復活を願い、地域の公民館や施設など全国をまわり、着付けを指導していたのが、神戸きもの学院「故 理事長・幸尻千代二」です。
着付け教室の草分けである神戸きもの学院は、昭和45年に正式に学院として発足しましたが、それ以前の活動を加えると60有余の年月にわたり、きものの道一筋に歩んできました。
現在は阪神・福岡・高松に本校を置き、関東支部をはじめ各地域には、師範開業者の皆様方の、ご協力を賜っています。
カリキュラムに沿っての指導は、どの本校・地域においても統一された授業内容になっています。
歴史ある着付け教室として名に恥じないよう、また皆様方に日本の伝統文化である「きもの」を伝承してゆくため、指導者である講師は、懸命に技術向上に励んでいます。

あいさつ

学院長 近影
総合学院長 幸尻 しず代
私達の祖先が長い歴史の中で育んできた美しいきもの…
日本の民族衣裳であるきものは奥が深く学ぶことも多いのですが、足袋をはき、きものをまとう…週の2時間だけ優雅な気持ちで、まずは美しいきものを着てみることから学んでみませんか?
神戸きもの学院では、全くの初心者でも、着付けが出来る方でも、基礎からの徹底指導をモットーに、多くの着付け技術者が育っています。
鏡を見ずに狭いスペースでもすばやく簡単に着付けが出来る様、そして優雅なきものが自分の肌の一部として感じられるよう、また個性を活かした着付けが楽しめる様、ベテラン講師がご指導いたします。